So-net無料ブログ作成
検索選択

航空ファン No.674 2009/2 [雑誌]

航空ファン 2009年 02月号 [雑誌]

航空ファン 2009年 02月号 [雑誌]

 
 
 
 
 
 
【AVIATION ART GALLERY】 (The Wolfpack)
ハブ・ゼムケ大佐率いる56FGのP-47ウルフパック。 先頭はバド・マヒューリン少佐、2番機はバーニー・コムストック。ブレーメン爆撃のB-24の援護に行く様子。
 
【F-22&F-35 Super Detail】
F-22の色々な角度からのショット。正面、キャノピーを開けたところ、排気口付近、コクピット内。そしてAIM-120、AIM-9Mを収めたウェポンベイ内。F-35も同様にコクピット内(灯が入っている)、機首付近のクローズアップ、エンジンノズル、HMDS等のショット。
 
【F-35Aエドワーズ空軍基地AFFTCでのテスト終了】
AA-1のテストの様子。
 
【ネリスAFBのオープンハウスでF-22デモチーム飛ぶ】
F-22A、F-15E、P-51の編隊飛行とT-28の写真あり。
 
【Axalp Fieger Demonstration 200】
スイス空軍のアルプスでの演習の様子。F-5E、F/A-18C、 パトルイユ・スイスとか。
 
【鬼太郎、舞う】(洲崎秀憲)
航空自衛隊美保基地の第3輸送航空隊の鬼太郎塗装のC-1、YS-11、T-400。最初の見開き2ページを使った写真が素晴らしい。T-400、YS-11、C-1の順に並び、YS-11が左にC-1が右に同時にブレイクする瞬間を正面から捉えている。雑誌なので真ん中で切れてしまうのが残念。
 
【HMSイラストリアスとRAFハリアー】
知らなかったが、シーハリアーって2006年3月に全機退役してたのね。それで、RAFのハリアーがイラストリアスに搭載されている。GR.7AとGR.9があるらしい。ボスコムダウンのハリアーT.4の写真もあり。T.4はQinetiQという民間会社がF-35の自動STOVLの実験調査に使っているとのこと。QinetiQってどこかで聞いたことがある名前だ。
 
【CRUZEX IV】
中南米の諸国の統合航空演習の様子。フランス空軍のミラージュ200N、ベネズエラ空軍のF-16、チリ空軍F-4E、ブラジル空軍A-1A、ウルグアイ空軍A-37B、IA-58等々。
 
【連続特集F-X 第2弾 最新・最高性能のF-22、F-35】
【F-X候補機としてのF-22AとF-35】(青木謙知)
F-22Aは確かに制空戦闘機としてはずば抜けた性能だが、航空自衛隊のF-Xにはマルチロールファイター的な任務も求められる。ステルス性が売りのF-22の機外にデカイ対艦ミサイルをぶら下げるのは確かになにか違う気がする。
 
【最強の空対空戦闘機F-22ラプター】(青木謙知)
F-22の最大のセールスポイントであるRCSは0.01㎡程度らしい。F-15Cとの比較で翼面積は40%増しで翼面荷重は550kg/㎡に対して387kg/㎡。エンジンはP&W F119-PW-100ターボファンで推力もF-15より50%大きく、M1.72での巡航が可能。レーダーはノースロップ・グラマンのAN/APG-77。
 
【マルチロール・ステルスファイターF-35ライトニングII】(青木謙知)
こちらはF-16Cとの比較でよく面積は1.5倍。エンジンは元F119-PW-622と呼ばれていたF135ターボファン。レーダーもF-22のものをベースにしたAN/APG-81。コクピット内の主計器板は幅50.8cm、高さ20.3cmの大型カラー液晶
F-16と比較した場合、空対空であればF-22は10倍、F-35で4倍の「効果」、固定の目標に対する空対地ミッションならF-22は5倍、F-35は8倍らしい。
 
【発掘!日本航空史 第11回 中島九七艦攻の回収と調査】(ジュゼッペ・ピカレッラ)
2003年に千島列島占守島から3機の隼2型と1機の零戦21型、九七艦攻1機の「残骸」が回収された。艦攻は胴体前部と主翼の付け根付近だけ。かなりぼろぼろだが、現存機が1機もないのでそれでも貴重だ。戦後米軍がサイパンで鹵獲したB5N2の操縦席内の写真も同時に掲載されている。電探(の操作部)もかなりきれいな状態で撮影されている。残骸の方は売却先を探しているらしいが、日本で引き受けるところはないものか。
 
【個人としての航空戦史 第7話 「重戦が目指す敵」 (その2)】(渡辺洋二)
 70戦隊の二式単戦でのB-29の邀撃の様子以外にF6Fとの空戦の模様もあり。いずれもかなり苦労している様子が伺える。大滝軍曹によると「F6Fは旋回性がいい。こちらが先に発見して突っ込めば制しやすいが、同位戦が続くと対応しきれない。低位からもぐんぐん上昇してくるから、油断は禁物」とのこと。
 
 【Book Review】
 
甦った空―ある海軍パイロットの回想 (文春文庫)

甦った空―ある海軍パイロットの回想 (文春文庫)

  • 作者: 岩崎 嘉秋
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/12/04
  • メディア: 文庫
 
 
世界の名機シリーズ F-15 イーグル (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)

世界の名機シリーズ F-15 イーグル (イカロス・ムック 世界の名機シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2008/11/21
  • メディア: ムック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。