So-net無料ブログ作成

悲劇の発動機「誉」 [書籍]

悲劇の発動機「誉」―天才設計者中川良一の苦闘

悲劇の発動機「誉」―天才設計者中川良一の苦闘

  • 作者: 前間 孝則
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2007/07/24
  • メディア: 単行本
 
 
 
 
 
 
評価が人によってかなり違う中島の「誉」発動機のについて、主任設計の中川良一氏の証言を含む関係者の証言、資料、当時の状況などを基に、設計上の問題点を分析をしている。前半は中川氏本人の証言を中心に、問題になったのは燃料、潤滑油の質低下、海軍監督官の暴走による改悪といったところを解説。後半はむしろ設計、企画にそもそも問題があったのではという指摘をしている関係者の証言を元に、中島としての開発体制の問題、海軍の指導方法の問題点などを指摘する。
欧米の代表的な発動機のスペックなどとも比較されており、説得力もあるが、もっと技術的な部分を突っ込んでほしかった。
 
「第一章 奇跡のエンジン「誉」」
 
誉装備の銀河は航空雑誌『エアロプレーン』の中で「remarkable clean desgin」とされている。紫電改は戦後のテストで664km/hを出しP-51との空戦で圧倒した。また疾風は683km/hを記録し、「日本の最高速の戦闘機で、最高時速は650km/hを超え、火力、防弾装置は十分である」、「操縦性能はいかなる米戦闘機よりも優れている」としている。詳細な出典は不明。疾風の主任設計者は東北帝国大学機会学科卒の飯野優氏で、「戦闘機疾風」という本を出している。
戦後多くの技術者、関係者が対戦中の軍用機について執筆したが、中川氏は何も語らなかった。初めてペンを取ったのは昭和57年の日本機会学会誌2月号の「航空機から自動車へ-一内燃機関技術者の回想」という文。
中島飛行機、エンジン設計部気筒班でシリンダーとピストン設計をしていた、岡本和理(かずただ)氏が書かれた「エンジン設計のキーポイント探求」は本書の後半にも重要な資料として参照されているが、残念ながら非売品らしい。
 
「第二章 中島知久平の旗揚げ」
 
中島が群馬の太田にある神社「呑龍様」の向かいに立てた工場は「呑龍工場」という名前だった。陸軍軍機専用のエンジン工場は武蔵野に建設されクルップ社の工場をモデルにしたとある。海軍機用の工場は多摩製作所。建物自体はどちらも2~3階建てでライト社にならったものらしい。ちなみに三菱工場は平屋建て。
 
「寿」はジュピターが基礎になっていることは有名だが、本書によるとP&WのワスプC型とホーネットA型の長所も取り入れて設計したとのこと。昭和9年にライト社の「サイクロンR-1820F」は空冷単列9気筒のNAP、つまり「光」もしくは陸軍の「ハ8」のベースになっている。
三菱の方は昭和4年に試作した空冷2列14気筒エンジンは1000馬力を達成した。これがA1で、その後単列9気筒シリーズのA2,A2改,A3と続く。そしてその次のA4がアームストロング社とP&Wのエンジンを真似て再び複列の14気筒で設計され、これが金星1、2型になる。成功作になったのは昭和10年に設計されたA8で、技術的にはホーネットをベースにしていたらしいが、三菱の深尾淳二技師のリーダーシップによるプロジェクト運営が成功に貢献したところも大きいらしい。金星のボア、ストロークは140×150で、瑞星はストロークを20 mm短くしている。金星は1速過給器装備型が41から46型で、2速過給器型は51,53,54,62型となる。
ちなみに社内名称がNAM、栄は130×150で12型、21型、31型と続く。
 
「第三章 試作から量産へ」
 
中川氏が小谷課長からのアドバイスを受けて一晩で構想を練った社内略称NBAは、昭和15年9月15日に試作命令により一五試ル号(NK9B)になる。トラブルになったのはケルメット軸受けで、後日軸をもう5mm太くしておけばよかったと言われていたらしい。量産に入ってから出力低下しはじめたのは有名だが、彩雲に載せた計測では高度6000mで試作エンジンでは625km/hだったのが、量産品では565km/hくらいになっていた。
 
 「第四章 「誉」エンジンの検証」
 
岡本氏によると「欧米の著名なエンジンメーカーの技術指導体制、技術向上の歴史を知って、誉の技術が極めて幼稚であったことが判った」とのこと。エンジン自体の設計についてというよりは、思想とか体制のことを批判されているようだ。またオクタン価の低い燃料しか使えないことを言い訳にし、本当の問題点を追求することが疎かになっていることを指摘している。
 
テストパイロットの吉沢鶴寿氏によると、疾風では試作機で100オクタン燃料を使うと高度8000mで640km/hだったのが、量産では580km/hになってしまったらしい。
 
川崎でエンジン設計をしていた林貞之助氏は「空冷星型エンジンで、エンジン外形を必要以上に小さくしたことは、日本人特有の職人好みがもたらした失敗といえる」と言っている。やはり、専門家からみても小型化を追求しすぎているらしい。
 
「第五章 欧米メーカーの開発体制」
 
欧米の他メーカーの同時期のエンジンに比べ、誉は小さなボアのシリンダーでリッターあたりの馬力が高いのが特徴。1943年実戦投入のライトR3350-23は39.6馬力、1944年のR3350BDでも45馬力。P&Wの1939年のダブルワスプR2800は43.5馬力で、ブリストルのハーキュリーズ、セントーラスもすべて47馬力以下。誉の20型は55.8馬力でダントツ。
 
「第六章 シリンダーとピストン、冷却の盲点」
 
岡本氏によると「中島のエンジン設計者たちは、内燃機関のキーポイントといわれる基本原則の『高温の燃焼ガスをどのような運転状況においても漏らしてはならない』ということを甘く見ていた、あるいは、気づいていなかった」らしい。ピストンとシリンダーに強いあたりが出た場合はその根本原因を追究することなく、単にクリアランスを大きくすることによる対処療法をとっていた。
 
中島のもう一つの設計上の問題点として、欧米のエンジンを真似るのはいいが、異なる機種の長所をつまみ食い的に採用するので全体のバランスが悪くなっていた。またボアやストロークも微妙に変えていたので、さらにオリジナルのよさが継承されなくなっている。 また中島は試作したエンジンのシリンダ径もばらばらで、三菱でさえ2種類のみなのに、10種類もあった。開発したエンジンの種類は合計23種類で成功したのは6種類とされているが、その6種類の中に護(NAK)と誉も入っている。実質は寿1、2型(NAH)と光、NAL、NAMの4種類だけじゃない?
 
誉の性能を支えていた鋳込みフィンは板厚1mmでピッチが3mm。これが採用されたのは誉21型で、誉11型は鋳物だった。ただし、21型でも鋳込みが出来たのは最初だけで、すぐに2.5mm厚、5mmピッチのブルーノ式のものに変更になった。
 
 「第七章 航空技術廠内の「誉」批判」
 
誉の減速装置はファルマン式だから減速比が0.5以下にできないことが機体側に無理を強いていたと記述あり。つまり直径の大きなペラをゆっくりまわすことが出来ないということらしい。
 
「第八章 悲劇を生んだ根本原因」
 
富嶽用のハ54は護のシリンダーを使って二列18気筒にしたNBDをさらに二つつなげたもの。中川氏は誉を二つ結合したものの方が実現性が高いとして提案したが、4000馬力では足りないと言われて流れた。
 
「エンジンのロマン」の鈴木孝氏は誉を優秀な設計と評価している。アメリカで量産してれば問題なく作れたとも。でもそもそもアメリカは誉の様なエンジンは量産しないだろう。
 
「エピローグ 「欧米に追いつけ」の果てにあるもの」
 
戦後日産がプリンスを吸収した際、日産の川又社長は「プリンスで最もほしい人材は中川君だ」と漏らしたらしい。
 
【参考文献】
「エンジン設計のキーポイント探求」 岡本和理 2001年 (非売品)
 
「中島飛行機荻窪製作所の風土に育ったFG会の人々とエンジン技術」 岡本和理 1992年 (非売品?)
 
 
自動車用エンジンの性能と歴史

自動車用エンジンの性能と歴史

  • 作者: 岡本 和理
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1991/07
  • メディア: 単行本
 
「銀翼遥か-中島飛行機五十年目の証言」 太田市企画部広報課編 1995年
 
 
中島飛行機物語―ある航空技師の記録

中島飛行機物語―ある航空技師の記録

  • 作者: 前川 正男
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本
 
 
中島飛行機エンジンとともに

中島飛行機エンジンとともに

  • 作者: 水谷 総太郎
  • 出版社/メーカー: 酣燈社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 単行本
 
航空技術の全貌〈上〉 (1976年) (わが軍事科学技術の真相と反省)

航空技術の全貌〈上〉 (1976年) (わが軍事科学技術の真相と反省)

  • 作者: 岡村 純
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 1976
  • メディア: -
航空技術の全貌〈下〉 (1976年) (わが軍事科学技術の真相と反省)

航空技術の全貌〈下〉 (1976年) (わが軍事科学技術の真相と反省)

  • 作者: 岡村 純
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 1976
  • メディア: -
 
機密兵器の全貌 (1952年) (わが軍事科学技術の真相と反省〈第2〉)

機密兵器の全貌 (1952年) (わが軍事科学技術の真相と反省〈第2〉)

  • 作者: 千藤 三千造
  • 出版社/メーカー: 興洋社
  • 発売日: 1952
  • メディア: -
海鷲の航跡―日本海軍航空外史

海鷲の航跡―日本海軍航空外史

  • 作者: 海空会
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: -
 
海軍空技廠―誇り高き頭脳集団の栄光と出発 (上)

海軍空技廠―誇り高き頭脳集団の栄光と出発 (上)

  • 作者: 碇 義朗
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 1985/07
  • メディア: -
海軍空技廠―誇り高き頭脳集団の栄光と出発 (下)

海軍空技廠―誇り高き頭脳集団の栄光と出発 (下)

  • 作者: 碇 義朗
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 1985/07
  • メディア: 単行本
太平洋海戦と軍人技術者の反省 (1971年)

太平洋海戦と軍人技術者の反省 (1971年)

  • 作者: 種子島 時休
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1971
  • メディア: -

零戦 (戦記文庫)

零戦 (戦記文庫)

  • 作者: 堀越 二郎
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 1992/08
  • メディア: 文庫
零戦―その誕生と栄光の記録 (講談社文庫)

零戦―その誕生と栄光の記録 (講談社文庫)

  • 作者: 堀越 二郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1984/12
  • メディア: 文庫
零戦の遺産―設計主務者が綴る名機の素顔 (光人社NF文庫)

零戦の遺産―設計主務者が綴る名機の素顔 (光人社NF文庫)

  • 作者: 堀越 二郎
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 文庫
真実の太平洋戦争 (PHP文庫 オ 9-1)

真実の太平洋戦争 (PHP文庫 オ 9-1)

  • 作者: 奥宮 正武
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1988/12
  • メディア: 文庫
戦時期航空機工業と生産技術形成―三菱航空エンジンと深尾淳二

戦時期航空機工業と生産技術形成―三菱航空エンジンと深尾淳二

  • 作者: 前田 裕子
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本
みつびし飛行機物語

みつびし飛行機物語

  • 作者: 松岡 久光
  • 出版社/メーカー: アテネ書房
  • 発売日: 1993/06
  • メディア: -
三菱航空エンジン史―大正六年より終戦まで 1915‐1945

三菱航空エンジン史―大正六年より終戦まで 1915‐1945

  • 作者: 松岡 久光
  • 出版社/メーカー: 三樹書房
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本
みつびし航空エンジン物語―名機「金星」を産んだ技術者群像

みつびし航空エンジン物語―名機「金星」を産んだ技術者群像

  • 作者: 松岡 久光
  • 出版社/メーカー: アテネ書房
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 単行本
戦闘機疾風 (1976年)

戦闘機疾風 (1976年)

  • 作者: 碇 義朗
  • 出版社/メーカー: 白金書房
  • 発売日: 1976
  • メディア: -
最後の戦闘機 紫電改―起死回生に賭けた男たちの戦い (光人社NF文庫)

最後の戦闘機 紫電改―起死回生に賭けた男たちの戦い (光人社NF文庫)

  • 作者: 碇 義朗
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本
航空開拓秘話 (1974年)

航空開拓秘話 (1974年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 「航空開拓秘話」刊行会 講談社出版サービスセンター
  • 発売日: 1974
  • メディア: -
 
ジェットエンジンに取り憑かれた男 (講談社文庫)

ジェットエンジンに取り憑かれた男 (講談社文庫)

  • 作者: 前間 孝則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/06
  • メディア: 文庫
マン・マシンの昭和伝説―航空機から自動車へ〈下〉

マン・マシンの昭和伝説―航空機から自動車へ〈下〉

  • 作者: 前間 孝則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 単行本
マン・マシンの昭和伝説―航空機から自動車へ〈上〉

マン・マシンの昭和伝説―航空機から自動車へ〈上〉

  • 作者: 前間 孝則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: -
 
富嶽〈上〉米本土を爆撃せよ

富嶽〈上〉米本土を爆撃せよ

  • 作者: 前間 孝則
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/03
  • メディア: 文庫
 
「航空機原動機」 富塚清編著 山海堂 1998年
 
内燃機関の歴史 (1969年)

内燃機関の歴史 (1969年)

  • 作者: 富塚 清
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 1969
  • メディア: -
動力の歴史―動力にかけた男たち。

動力の歴史―動力にかけた男たち。

  • 作者: 富塚 清
  • 出版社/メーカー: 三樹書房
  • 発売日: 1998/02
  • メディア: 単行本
 
ピストン発動機 航空工学教室」 川端清一 鳳文書林 1961年
 
日本陸軍機の計画物語 (1980年)

日本陸軍機の計画物語 (1980年)

  • 作者: 安藤 成雄
  • 出版社/メーカー: 航空ジャーナル社
  • 発売日: 1980/09
  • メディア: -

「日本傑作機物語」 航空情報編集部編 酣燈社 1959年
 
日本軍用機の全貌 (1955年)

日本軍用機の全貌 (1955年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 酣燈社
  • 発売日: 1955
  • メディア: -
 
世界の航空エンジン〈1〉レシプロ編

世界の航空エンジン〈1〉レシプロ編

  • 作者: ビル ガンストン
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1996/07
  • メディア: 単行本
世界の航空エンジン〈2〉ガスタービン編

世界の航空エンジン〈2〉ガスタービン編

  • 作者: ビル ガンストン
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本
航空ピストンエンジン―そのメカニズムと進化

航空ピストンエンジン―そのメカニズムと進化

  • 作者: ビル ガンストン
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
20世紀のエンジン史―スリーブバルブと航空ディーゼルの興亡

20世紀のエンジン史―スリーブバルブと航空ディーゼルの興亡

  • 作者: 鈴木 孝
  • 出版社/メーカー: 三樹書房
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
エンジンのロマン

エンジンのロマン

  • 作者: 鈴木 孝
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 1988/10
  • メディア: 単行本
 
 
アメリカ航空機産業発展史 (1978年)

アメリカ航空機産業発展史 (1978年) (文中では「発達史」と誤植されている)

  • 作者:G・R・シモンソン著、前谷清他訳
  • 出版社/メーカー: 盛書房
  • 発売日: 1978/12
  • メディア: -
 
 「アメリカ航空機産業の初期段階」 西川純子 1993年
 
中村良夫自伝

中村良夫自伝

  • 作者: 中村 良夫
  • 出版社/メーカー: 三樹書房
  • 発売日: 1996/02
  • メディア: 単行本
レーシングエンジンの過去・現在・未来 (1981年)

レーシングエンジンの過去・現在・未来 (1981年)

  • 作者: 中村 良夫
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1981/11
  • メディア: -
クルマよこんにちは―私のクルマ心象風景 (1983年)

クルマよこんにちは―私のクルマ心象風景 (1983年)

  • 作者: 中村 良夫
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 1983/10
  • メディア: -
クルマよ、何処へ行き給ふや―あるエンジニアによる哩石の記

クルマよ、何処へ行き給ふや―あるエンジニアによる哩石の記

  • 作者: 中村 良夫
  • 出版社/メーカー: グランプリ出版
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 単行本
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。