So-net無料ブログ作成

航空ファン No.725 2013/5 [雑誌]

航空ファン 2013年 05月号 [雑誌]

航空ファン 2013年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文林堂
  • 発売日: 2013/03/21
  • メディア: 雑誌
【any time, any place BEALE AIR FORCE BASE, CALIFORNIA HOME OF THE U-2 DRAGON LADY】
U-2のプロジェクトが開始されたときの予算は4600万ドル。1960年代のU-2Rで胴体の規模が約40%拡大される。途中TR-1という名前に変えられたものの、1992年にまた戻る。U-2SはエンジンをGEのF118に換装、新しい電子システムなどに対応し、グラスコクピット化されている。現在現役の機体はU-2Sが28機、訓練用複座機TU-2Sが5機。
格納庫前、離陸時、着陸時のシーンが中心で、チェイスカーの随伴もあり。チェイスカーはポンティアックGTOとシボレーカマロSSとのこと。コクピットと与圧服を着たパイロットのカットも1枚ずつ。
 
【Lele Ko Hawai'i Pae Aina Keko Flying Hawaiian Island Warriar】
「ハワイ諸島の空戦士」の意らしい。ラプターの空撮がメインの6ページ。
 
【U.S.NAVY Brand New Jet Fighter Topics】
VFA-27 "Royal Maces"のF-18EとF-35Cの6号機。
 
【厚木の軽対潜ヘリ部隊、HSLからHSMへ WARLORDS改編式】
軽対潜ヘリコプター飛行隊HSLはヘリコプター海洋攻撃飛行隊HSMとなり、機材もSH-60BからMH-60Rに変更されている。厚木のHSL-51 "Warlords"のMH-60Rのシンボルマークは宮本武蔵をイメージしたMUSASHIと旭日と富士山、桜の花。
 
【Cobra Gold 2013】
2月11日からタイで行われた国際合同演習"コブラゴールド"の模様。参加国は他にアメリカ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、韓国、日本。タイ空軍のF-16A ADF、L-39。米軍WMM-265のMV-22B、VMFA-224のF/A-18Dなど。
 
【German Eurofighters in Mediterranean skies 地中海上空のジャーマン・ユーロファイター】
イタリアサルディーニャ島で行われたドイツ空軍の移動展開訓練の模様。参加はJG73のユーロファイター単座型14機と複座型6機。ずらっと列を成した様子はなかなか壮観。空撮も含めて5ページ。
 
【AERO INDIA 2013】(徳永克彦)
 2月6日から開催。HALテジャスは軽量戦闘機・LCA計画から生まれた。計画から30年以上たっているらしい。名前の由来はサンスクリット語の「光輝」。新型エンジンとの同時開発だったが、当初予定のGTX-35VSカベリ・ターボファンの搭載はあきらめ、最初の量産はGE F404-IN-20を採用。海軍はさらに高推力のGE F414を使うらしいが、このためには機体側の大幅改修が必要とのこと。レーダーも当初計画したものの開発が遅れたのでイスラエル製のIAIエルタEL/M-2032が採用されている。機体の45%にカーボンファイバー複合材を採用。
その他はエンブラエルAEW&C、ピラタスPC-7 Mk.II、Su-35MKI、HALルドラMk.4、Mi-35、C-17Aなど。
 
【Australian International Airshow 2013】(石川潤一)
2月26日開催。オーストラリア空軍のF/A-18E、E-7Aウェッジテイルなど。
 
【MARINA MILITARE ITALIANA SH-90A】
 イタリア海軍の主力対戦ヘリはAB212ASWからNHインダストリー社のNH90をベースにしたSH-90Aになった。エンジンは2基のRTM322、四重のフライ・バイ・ワイヤを採用している。RCS低減のためにRO性に配慮されているらしいデザインはなかなかかっこよい。空撮を含めて5ページ。
 
【欧州見聞録(最終回)】(州崎秀憲)
 最初のページの離陸直後に大きくバンクするBe-200がすばらしい。その他はPAK FAとSu-35。
 
【政府歳出強制削減が米軍を襲う!】(田宅敦将)
 
【緊急航空トピックス・第3弾 5年ぶりのロシア空軍領空侵犯を考察する】(鹿内誠)
 2月7日に領空侵犯をしたSu-27は、IRSTセンサーの位置からSU-27SMと判別可能で、ナンバーが青の32であることからツェントラリナヤ・ウグローバヤ基地の所属とわかったらしい。N001パルスドップラーレーダーを中核にしたSu-27のSUV-V火器管制システムは多目標同時交戦能力はなかったが、SMではN001VEPレーダーに改良されたことで2目標との同時交戦ができるようになった。探知距離も延びて戦闘機サイズの目標なら通常モードで100km、長距離探知モードで150kmで探知できるらしい。またN001Vでは対地、対水上モードも追加されている。IRSTもそれまでのOLS-27からOLS-27Mに改良されていて、Su-15の後方からなら30km、AB使用時のMiG-25なら90kmの距離で探知できるとのこと。
またコクピットも6x8 inの大型ディスプレイMFI-10-6Mが2面、小型のMFIP-6が1面導入されてHUDもSILS-27Mに換装されている。
 
【緊急航空トピックス・第4弾 航空自衛隊の早期警戒能力向上を考える:後編】(石川潤一)
 MESAレーダーを取り付けたB.737 AEW&Cの初号機は2004年に初飛行。キャビンは前方に10席のミッションコンソールがあり、その後に8席のレストエリア、最後は電子機器室という順。燃料タンクが床下に追加され10時間の滞空が可能。機体のあちこちに衛星通信用のブレードアンテナがあるが、機種下面、主翼端、尾端下部のアンテナフェアリングはイスラエルのエルタ製ALR-2000 ESMのアンテナで、後部胴体下部のふくらみはALR-2000のローバンドアンテナ。
背中の巨大な構造物はMESAレーダー用のアンテナで、上の「サーフボード」ともよばれるトップハット「エンドファイア・アレイ」だけでなく、支柱部分の側面もサイドアレイになっている。この両方に288基のLバンドT/Rモジュールが並べられていて、左右120°、前後60°で合計360°の監視が出来る。探知距離は400km程度で、3000の目標をモニター可能。
 
【緊急航空トピックス・第5弾 イランのステルス戦闘機F-313ガーヘル】(浜田一穂)
 2月2日公表されたF-313ガーヘル(Qaher、ペルシャ語で征服者)のカットが4枚。カナード付、双垂直尾翼でボーイングのバード・オブ・プレイのように主翼端に下半角がついているのが特徴。ただし、どう見てもモックアップでそれもかなりデキの悪いものらしい。筆者に言わせれば大学の学園祭の展示物程度。コクピットの計器板も非常に簡素。全長は人物との比較から全長10~12m、全幅6~7m程度らしい。本物っぽいのは降着装置まわりだけで、これは既存のものを流用したらしい。。
 
【緊急航空トピックス・第6弾 陸上自衛隊UH-X選定の行方】(小野正春)
 
【南極観測 大型ヘリ事始め】(竹縄昌)
宗谷の元航空長である渡辺清規氏の南極観測にまつわるエピソード。渡辺氏は海兵71期で駆逐艦に配属されたが、航空機搭乗員に志願。水雷に興味があった関係から艦攻を希望したものの、艦爆のパイロットになった。その後彗星33型などに搭乗したが終戦。1952年、海保が機雷監視にヘリコプターを導入することになり、パイロット経験者としてヘリコプターの訓練を受けた。最初の機材はベル47D、その後シコルスキーS-55になった。1958年に宗谷の第3次隊のパイロットとして発令があった。宗谷で使用する機材はS-55と同系統のS-58。第3次観測隊のS-58が2機、ベル47G2が2機、固定翼のDHC-2ビーバーを載せていた。
8ページを使った内容は当時の写真も豊富でなかなか面白い。
 
【軍用機のRDT&Eと戦力化 連載第5回:設計・システム構築・各種試験用機】(井上孝司)
 
 
【メッサーシュミットBf110C~F型の検証7】(国江隆夫)
コックピットとかエンジンナセルとか。
 
【芙蓉峰のT-7】(瀬尾央)
 富士山をバックにしたT-7の編隊飛行。画になります。
 
【BOOK REVIEW】
航空機産業のすべて

航空機産業のすべて

  • 作者: 中村 洋明
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2012/12/08
  • メディア: 単行本
日本の航空機産業の現状。
 
母艦航空隊―体験で綴る空母機動部隊の一挙一動と海空戦の真相!

母艦航空隊―体験で綴る空母機動部隊の一挙一動と海空戦の真相!

  • 作者: 高橋 定
  • 出版社/メーカー: 潮書房光人社
  • 発売日: 2013/01
  • メディア: 単行本
空母航空隊搭乗員の手記をまとめたもの。29編。
 
佐竹政夫ミリタリー・アートワークス

佐竹政夫ミリタリー・アートワークス

  • 作者: 佐竹政夫
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: 大型本
艦船、戦車も網羅されているとのこと。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。