So-net無料ブログ作成
検索選択

航空ファン No.727 2013/7 [雑誌]

航空ファン 2013年 07月号 [雑誌]

航空ファン 2013年 07月号 [雑誌]

【BREITLING JET TEAM over JAPAN】(徳永克彦)
ブライトリング・ジェットチームが来日したときの模様。富士山を背景に編隊を組むアエロL-39Cアルバトロス。 9ページ。
 
【BREITLING JET TEAM JAPAN TOUR】
 
【RAF No.617 Sqn Dambusters at 70th】
 RAFの第617飛行隊は1943年3月21日に編成、5月16日から17日にかけての ルール側のメーネ、エーデル、ゾルベなどのダム破壊作戦を行った。編成が8週間前だったのは攻撃に適した水位にとなる決行日から逆算して隊員の選抜、訓練、特殊爆弾の開発を行うためだったとある。作戦を行ったのは3波のランカスターB.Mk.IIIの改造型19機。ドラム缶型のUpKeep爆弾は速度 220mph、高度60ftで投下され、魚雷阻止用の網の上をスキップしてダムを破壊。19機中8機が未帰還となり、133名の隊員中、53名が戦死し た。
トーネードGR.4の垂直尾翼に描かれているのは、破壊されたダムと3本の稲妻(3波の攻撃)、ランカスターとトーネードのシルエット。
 空撮中心の6ページ。
 
【DUTCH APACHE SOLO DISPLAY TEAM】
オランダ王立空軍第301飛行隊はレッドスキンズ。世界唯一のアパッチを使ったアクロバットチーム。隊員は教官2名を含むパイロット4名、整備員4名とのこと。
 
【FOAL EAGLE 2013】
 3月1日から行われた米韓合同軍事演習の模様。MV-22Bなど4ページ。
 
 【北朝鮮ミサイル対処 4月の嘉手納 流体ドラッグ雲台効能:実践編+】(瀬尾央)
55WG/45RSのRC-135Sコブラボール3 (61-2662)、アンテナだらけのRC-135W、夜間で細部がよく見えないがE-8C。F-22、E-3C、P-3C、EP-3Eなど。
 
【ペリリューARG & 15MEU香港に寄港】
 HMM-364のCH-46E、HMM-364のCH-53E、HMLA-369らしいAH-1Z、AV-8B+とか。
 
【NAF ATSUGI SPRING FESTIVAL 米海軍厚木航空施設日米親善春祭り】
4月27日開催。VFA-27 "Royal Maces"のF/A-18EのCAG機など。
 
【エアーメモリアルinかのや】(渡嘉敷健一)
P-3CとかP-1とか。
 
【新たなる出発 四県と共に 陸上自衛隊相馬原駐屯地第12旅団創立12周年・駐屯地創設54周年記念行事】
4月13日開催。UH-60JAとかAH-1Sとか、1ページだけ。
 
【吹雪の中陸自・霞目駐屯地創立56周年記念行事】
 4月21日実施。4月下旬なのに吹雪の中飛行するOH-1とか、UH-1Jとか。こちらも1ページ。
 
【ダッソー・ファルコン2000LXに試乗する】(青木謙知)
 突起物などが一切ない主翼、HUDを装備したコクピットなど。2ページ。
 
【ボーイング787トラブルのその後 最終章 商業運行の再開と日本での確認飛行】(青木謙知)
 
【東アジアを睨む「OF」コードの偵察機と米国防予算】(石川潤一)
 
【戦闘機の操縦性を持つビジネスジェットダッソー・ファルコン2000LXの乗り心地】(青木謙知)
ダッソーのビジネス機は1963年の双発8人乗りのミステール20(ファルコン20)にはじまり、ついでそれを小型化したミステール10(1970年)が作られ、その後はファルコン20のの発展型のファルコン200が主力となる。さらに1989年にその発展型がファルコンXとして発表され、今日ではそれがファルコン2000として販売されている。 ファルコン2000EXは航続距離延長のための改良型でエンジンがCFEのCFE738-1-1BからP&WカナダのPW308になっている。
 
【空夢 第55回 キ61のれストアを経て…(前編)】(清水郁郎)
 以前から何回か紹介されているキ61の話(1回目2回目)。レストアは機体と主翼、尾翼はほぼ完成。コクピット、脚、操縦系、冷却系はこれから。
 
【CAF通信 カマリロの空から 第2回】(阿部能巳)
 1971年、カリフォルニアのNASチャイナレイク海軍武器集積地にあった30機ほどの地上標的用B-29からCAFが飛行可能な1機を作り上げる。これがシリアル44-62070のFIFIとなる。1974年までに復元され、1978年から全米ツアーを開始、2004年からの改修ではエンジンをライトR-3350-57AMから-26WDと-95Wを組み合わせた独自仕様のものと交換された。これにより離陸出力は2000hpから2400hpくらいに増加しているらしい。
 
【軍用機のRDT&Eと戦力化 連載第7回:軍用機ならではの試験項目】(井上孝司)
兵装の投下試験の話とか。F-35地上での投下試験時の写真などあり。
F-35の最初のソフトウェアブロック0.1は飛行機としての機能しか提供しない。その後のブロック1.0、2.0でミッション・システムや兵装の運用能力が与えられている。またブロック2.0ではLink16、整備用のデータリンク機能、ミッション・ディブリーフィング機能をサポートしたブロック2Aと戦闘任務が可能なブロック2Bに分けてリリースされる。ここまででAIM-120、JDAM、GBU-12/Bが運用可能。予定の機能が揃うのはブロック3.0の予定。
F-35のアビオニクス試験用機、CATbirdはBAC-11をノースロップグラマンが改造した機体で、レドーム形状がF-35と同じでセンサー類もF-35の主翼や胴体に取り付けた場合と同じ位置関係になるように配置されている 。
 
【追補・個人としての航空戦史 「語られざる兵器学生」】(渡辺洋二)
開戦時の搭乗、整備、兵器の必要人数に対する充足可能率は118.5%、79.5%、76.6%、2年後は88.6%、57.9%、48.3%。海軍の兵器員の養成は昭和7年に霞ヶ浦航空隊から横須賀航空隊に移る。その後18年に州ノ崎航空隊が創設され、兵器整備学生(将校、分隊長コース)、兵器整備予備学生(予備仕官、分隊士コース)、兵器術練習生(下士官兵コース)が教育を受けた。
内容は機銃と爆弾が主の「射爆」、魚雷の「雷爆」、照準機の「光学」、航空カメラの「写真」、無線電信・電話の「通信」、レーダーの「電探」など。
三式6番27号爆弾1型は60番の3号爆弾をロケット弾にしたもので、70g程度の弾子135個を敵編隊に向けてばら撒くもの。
膅内爆発についての記述あり。20mm弾は弾丸を薬莢に3点のかしめで取り付けていたが、飛行時の振動で緩んでしまうことが原因らしい。ちなみに米軍のM12用の弾丸は全周でのかしめ。
掲載写真は「九九式三号爆弾発火装置改一」の不良品の説明を説明したもの、九一式魚雷改3改を装備した天山12型と三式空6無線電信機の支柱とアンテナが写ったもの、20mm機銃の点検を行っている様子(人に対する大きさがよくわかる)、零戦52丙に装着された三式6番27号爆弾1型およびその発射の様子など。
 
【メッサーシュミットBf110C~F型の検証 9】(国江隆夫)
 trop型とか。
 
【"FIFI" ONE AND ONLY FLYABLE B-29 SUPER FORTRESS】
カラーの5ページ。爆弾倉扉を開いた 飛行中の写真がトップ。機内の様子も3カットほど。ノルデンM-9爆撃照準機も装備されている。
ここにもレストアの過程の説明有。昨年予備のエンジンを購入したらしいが、9万5千ドルもしたらしい。
 
【安住の地で眠るトムキャット 第2回】(布留川司)
テキサス州コーパクリスティのUSSレキシントン博物館にある F-14A(#160694)はトップガン出演の機体でマーキングもVF-84"Jolly Rogers"、ノーズダウンでカタバルトの射出位置におかれている。VF-101 "Grim REapers"のF-14B(#161426)は1942年から46年まで海軍基地があったフロリダのデランドにある。F-14A TRAPS(#161134)はバリアント・エアコマンド・ウォーバード・ミュージアムにあり、マーキングはVF-41 "Black Aces"でエンジンやイジェクションシートもついている。テキサス州のスラトン空港のテキサス・エアミュージアムのF-14A (#160391)はエンジン付だが屋外展示で管理状態は悪そう。NASポイントマグーのゲートガードはF-14A(#158623)で尾翼にはXV-30のケルベロスが描かれている)
民間の博物館などで展示されているF-14は無期限の貸し出しという形になるらしい。よって、機体自体の対価は不要で輸送費などを実費負担するだけ。また博物館に渡される場合、展示前に完全に飛行不能状態にする必要がある。アビオニクスのブラックボックスや計器類、エンジンも外されることがおおい。
 
BOOK REVIEW】
ドキュメント 太平洋戦争全史(上) (講談社文庫)

ドキュメント 太平洋戦争全史(上) (講談社文庫)

  • 作者: 亀井 宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 文庫
ドキュメント 太平洋戦争全史(下) (講談社文庫)

ドキュメント 太平洋戦争全史(下) (講談社文庫)

  • 作者: 亀井 宏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 文庫
4年前に刊行された単行本を加筆修正したもの。取材先は300人もの将兵らしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。