So-net無料ブログ作成
検索選択

航空ファン No.712 2012/4 [雑誌]

【NAVY & MARINES LIGHTNING II】
写真はロッキードマーチン提供。飛行中のF-35CのCF-2、CF-3。主脚とアレスティングフックの間隔が7.1ftしかないため、模擬着艦テストでワイヤにかけることが出来なかった。EMALS(電磁式航空機射出システム)での発艦テストの様子。他はBF-2、BF-4。
 
【米海軍航空100周年記念塗装の練習機 CONA Scheme Trainers over Northern Florida】
TAW-5のT-34Cターボメンターは1939年当時の海兵隊の標準塗装、主翼は黄色で斜めにグリーンのストライプが入る。
T-6テキサンIIはピラタスPC-9がベース。T-6BはT-6Aに対しグラスコクピットかされ6基のMFDやHUDを装備する。T-34Cの550shpに対し、T-6は1100shp、酸素供給システムも備えるため18000~2000ftで運用される。記念塗装は全面イエローでビッグバードと呼ばれている。
そのほかTH-57Cがいくつか。
 
【MIGHTY HERCULES】(徳永克彦)
C-130シリーズの生産機数は2400機を越え、採用国は69カ国、総飛行時間は億時間を上回る。開発は1951年にスタート、1954年に初飛行している。スカンクワークスは直接関わっていないとのこと。製造はB-29やB-47を生産していたジョージア州マリエッタの第6空軍工廠で行われている。
写真はベルギー空軍のC-130H。
 
【Alenia Aermacci M-346 Master】(徳永克彦)
アエルマッキは1913年創業。1982年に新技術練習機NTT計画をスタートさせる。当初はアフターバーナー付TFE-1088-11エンジン装備の5.5tクラスの機体を想定していたが、市場性を見極めるためドルニエと協同でAT-2000計画をはじめる。この計画でAT-X2、AT-X6、AT-X7とコンセプトが詰められていき、最終的にAT-X12という案が確定する。これを元にドルニエを吸収したDASAとダッソーの3社で具体化したのがアフターバーナー付ターボファン搭載単発のTS-21。
 しかし、東西冷戦の終結や新世代戦闘機の登場により計画の見直しが必要になり、3社は別々の路線に進むことになる。ダッソーは新世代練習機の計画自体を放棄、DASAはTS-21ベースのマコを開発するが、結局1997年に中止となる。一方アエルマッキは根本から計画の見直しを行い、最も活用される速度域がM0.5~0.8、荷重は4.5~7G、維持旋回率毎秒13から14.5°であることが想定されることから、この条件を重視し、逆に実際の訓練ではあまり利用されることのない超音速性能を省いた練習機を開発することになる。
新しい構想では双発で優れた迎え角性能を持ち、FBWで制御することが計画されたが、経費削減のため基本設計がよく似ていたYak UTSを開発していたヤコブレフと共同開発をすることになった。しかし、実際のYak UTSの飛行性能はM 339を下回るくらいだったため、大幅な改設計を求めたアエルマッキに対しヤコブレフはエンジン換装だけで乗り切ろうとしかなり意見の相違があったようだ。最終的にはアエルマッキの設計の優秀性が認められ、YAK/AEM-130はUTSから胴体短縮、主翼面積縮小を行った。それでもM 346とはあまり共通点がないとのこと。
 
写真自体も素晴らしいが、M-346のデザインがいい。特にプロトタイプの2機のレッドとブルーの色がけばけばしさも薄っぺらさもない、落ち着いた大人の色って感じ。 夕日をバックにシルエットだけでも絵になる。たっぷり8ページ。
 
【GLOSTER METEOR】
グロスター・エアクラフト・カンパニーのジョージ・カーターが1940年11月から開発開始したとき、ポピュラーネームはサンダーボルトだったが、P-47がすでにあったため、ミーティアに変更された。初飛行は1943年3月5日でその時にはデ・ハビランドのハルフォードH.1を装備していた。量産型F.1はRRウェランドW.2となっている。1944年6月1日にNo.616 Sqnに初配備、1946年にはミーティアF.IVが616mph(991km/h)の速度世界記録を樹立している。 生産機数は3875機。
夜間戦闘機バージョンは複座練習機型T.7の機首にAI要撃レーダーを装備、全長を1.5mストレッチしている(1947年1月のF.44/46に対するもの)。実際の製造は同じホーカーシドレーグループのアームストロング・ホイットワースが担当した。T.7改造のNF.11/G47プロトタイプは1949年10月、正式なNF.11プロトタイプは1950年5月31日初飛行。エンジンはF.8と同じダーヴェントMk.8、レーダーはAL10(US SCR-720)、コクピットは与圧式で307機が作られた。派生型としてエンジン推力をあげたNF.13(52年12月23日初飛行、40機生産)、エンジン換装、機種を43cm延長、レーダーをウエスチングハウスAN/APS-21に変えたNF.12(53年4月21日初飛行、100機生産)、AN-APQ-43レーダーに変えたNF.14がある。
写真は飛行中のNF.11、コクピット(前、後)など。
 
【MIG FURY FIGHTERS】
MIG FURY FIGHTERSは個人の航空機コレクションで、世界で唯一飛行可能なFJ-4を所有している。ほかにはT-28トロージャン、セイバーMk.6、エアロL-39、MiG-15bis、-17がある。MiGはポーランド製らしい。写真は2機のMiGとFURYでコクピットも1カットずつあり。
 
【ウクライナのオデッサ航空機修理プラントに潜入!オーバーホールを受けるイエメンのMiG-21をスクープ】
ウクライナのオデッサにOARPという修理工場がある。OARPはオデッサ航空機修理工場の意、そのまんまやね。写真は引き渡しを待つイエメン空軍のMiG-21bis、デモンストレーション用にOARPが所有するもとウクライナ空軍のMiG-23MLD、 ウクライナ空軍のL-39M1、オーバーホール中のエジプト空軍MiG-21UMなど。
 
【自衛隊航空2012】(小野正春)
F-35の導入に向けてシミュレータ購入費用が計上されているらしいが、その価格は205億円とか。調達予定は陸自のUH-60Aが1機、CH-46Jが2機、AH-64Dが1機、海自はSH-60Kが4機、MCH-101が1機、SH-60Jは2機、T-5が4機、空自はF-35Aが2機、F-15の近代化改修機が1機、F-2の空対空能力向上が12機、F-2のJDAM機能付加が20機、C-2が2機らしい。
 
【緊急検証!一触即発のイラン情勢】(石川潤一)
イランは陸海空軍が2つずつある。正規軍とイスラム革命防衛隊。
空軍戦力はMiG-29 35機、Su-25 13機、Su-24 30機、F-14A 44機、F-4D/E 65機、F-5サエゲ3機、 RF-4E 6機となっている。もっともいずれも実際に確認された数ではなく、推計。
 
【777の現状】(青木謙知)
 
【空夢 第40回よみがえったAir Mail機(前編)】
ボーイング40を復元する話。レストア前の残骸の写真があるが、わずかのフレームがあるだけ。
 
【一式陸攻戦記 第4話・マレー沖海戦外伝 鹿屋空下士官・兵たちの闘い】(佐藤暢彦)
乙種第6期飛行予科練習生出身の納富一一飛曹のプリンス・オブ・ウェールズを攻撃する回想部分が迫力あり。
 
【Fw200 コンドルの検証7】(国江隆夫)
垂直尾翼とか脚とか。
 
【コンビニエンスストアで買える自衛隊DVD 第2段発売決定!】
コンビニで買えるシリーズ第2弾
Amazonでは買えないらしい。
 
【第二次大戦ミニ航空史話 第100回女性を無償飛行させた男】(田村俊夫)
英空軍パイロットのネイル・コックスは1945年2月14日、エンジン整備後のスピットファイアの飛行試験を行っていた。草地をタキシングする際、機首を突っ込まないように重石代わりに整備員が水平尾翼に乗ることがあり、この試験のときも女性の整備員マーガレット・ホートンが乗っていた。しかし、コックスはそれを忘れ、彼女を降ろさないまま離陸してしまったそうな。
 
【BOOK REVIEW】
真珠湾攻撃隊 隊員列伝: 指揮官と参加搭乗員の航跡

真珠湾攻撃隊 隊員列伝: 指揮官と参加搭乗員の航跡

  • 作者: 吉良 敢
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2011/12/06
  • メディア: 大型本
 
ビジュアル中心ということだから、写真とイラストがメインかな。
 
海軍予備学生零戦空戦記―ある十三期予備学生の太平洋戦争 (光人社NF文庫)

海軍予備学生零戦空戦記―ある十三期予備学生の太平洋戦争 (光人社NF文庫)

  • 作者: 土方 敏夫
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2011/12/29
  • メディア: 文庫
  著者は昭和19年3月大村航空隊元山分遣隊に着任、教官を務める。零戦五二型丙を元山空では六三型丙と呼んでいたらしい。
 
青春 天山雷撃隊―ヒゲのサムライ奮戦記 (光人社NF文庫)

青春 天山雷撃隊―ヒゲのサムライ奮戦記 (光人社NF文庫)

  • 作者: 肥田 真幸
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2011/12
  • メディア: 文庫
  著者は331空に昭和18年に配属された方。終戦後は米軍への引渡しのため第二鈴鹿基地から横須賀基地へ空輸をおこなった。

航空ファン No.713 2012/5 [雑誌]

【COPE NORTH GUAM 2012】(洲崎秀憲)
グアム島アンダーセン空軍基地で2月11日から開催。最初の開催は1999年。空自からは204SQのF-15Jと6SQのF-2Aと三沢からのE-2Cが参加。米空軍はF35FW、354FW/18ARSからF-16、嘉手納18WGのF-15とE-3と5BW/69BSびB-52H。オーストラリア空軍からNo.1 Sqn F/A-18、No.2 SqnのB.737 AEW&Cが参加。7ページ。
 
【百里の海兵隊機 F/A-18D AV-8B】(瀬尾央)
日米共同訓練。米側MAG-12のF/A-18DとAV-8B。空自は第7航空団F-15J、F-4EJ、RF-4E/EJなど。全般に写真は小さめ。
 
【Farewell, VAQ-136 "Gauntlets"】
厚木CVW-5のEA-6Bが米国に帰国。日本でプラウラーが運用された最初は1978年のVMAQ-2 "Playboys"とのこと。
フラップを降ろしたときに隙間から見える赤が印象的。両翼を折りたたんだカットもあり。たっぷり8ページ。
 
【Special Operation Hercs over the UK352SOGのMC-130P/H】
MC-130Pコンバットシャドー。フレアを大量にばら撒くカットが迫力。
 
【Compass Call EC-130H】(Gary Wetzel)
空軍特殊作戦軍団AFSOCというらしい。ここに所属の352SOGはイギリスRAFミルデンホールがホームベース。その主要機材がMC-130Pコンバットシャドー、MC-130HコンバットタロンIIなど。
 
【Compass Call EC-130H】
通信系への電子妨害を行うサービスをコンパス・コールというらしい。現在これを行っているのが55ECG所属の41ECSと43ECSのEC-130H、TC-130H。両飛行隊の年間平均飛行時間は1480時間で、これは米空軍C-130の中ではダントツ。
主翼したのSPEARポッドが人と比較するとかなり大きいのがわかる。尾部付近のクローズアップでは、垂直尾翼から水平尾翼、後部機体にかけて複雑なアンテナが張り巡らされているのがわかる。模型を作る人は大変だろうな。
 
【BELGIAN MULTI-ROLE FIGHTER】(徳永克彦)
ベルギーがF-104の後継としてF-16を導入したときには160機もあったのが、1990年代には72機に削減されたそうな。空撮写真は3機の編隊が中心。夜間ミッションの模様もあり、見開き2ページで真正面から捕らえたF-16AMはそのままポスターになりそう。
 
【XC-2、物投試験開始】(瀬尾央+門脇秀樹)
戦術輸送機からの物投方法には2種類ある。PDS(Platform Delivery System)は抽出傘を曳航して、その力で荷物を引きずり出す。CDS(Container Delivery System)では機首をあげて、専用コンテナにパックされた荷物をすべり落とす。写真はPDSの模様でいずれも斜め下からの似たようなカットだが、連続写真で荷物が投下される様子がよくわかる。
 
【2013年度アメリカ国防予算要求】(石川潤一)
F/A-18E/Fは2014年度の13機でトータル565機、EA-18Gは13年度の12機でトータル114機で生産を終える予定。F-22Aは対地攻撃能力強化のインクリメント3.1、滞空能力強化のインクリメント3.2という改修が予定されている。
A-10は102機が退役となるが、対象はA-10Aで、A-10Cは残されるとの事。AC-130系ではAC-130Jが2機と特殊作戦給油型MC-130Jコンバットシャドー4機、捜索救難型HC-130Jの1機が要求されている。AC-130JはAC-130Hスペクターの後継だが、AC-130UスプーキーIIのM102 105mm榴弾砲、ボフォース40mm機関砲、GAU-12/Aイコライザー25mmガトリング砲各1に対してMk.44ブッシュマスター30mmチェインガンを1門のみ。その代わり、空対地ミサイルや精密誘導爆弾などの運用能力を付与している。搭載ミサイルはAGM-175グリフォン。
意外なところではRQ-4Bグローバルホーク・ブロック30が18機退役する。無人機でコストダウンするつもりが、U-2Sのほうが運用経費が安上がりという判断らしい。そんなもんかね。
 
【"異端武装"の四式戦闘機】(渡辺洋二)
四式戦に上向き砲を装備した写真が見つかったらしいが、入手経緯は書かれていない。米兵が一緒に写っていることから米側の撮影だろうが、いまいち不鮮明なので公式な資料ではないのかも。
陸軍の上向き砲搭載の試みは、一番最初が18年9月。ホ5を32度の角度で二式複戦の前席と後席の間に取り付けた。次は19年6月の百式司偵3型へ長砲身37mmのホ204を70度の角度で取り付けたもの。3回目が7月の四式戦の改造。座席の後部に45度の角度でホ5を装備。天蓋の頂点部を切り欠いてスライドできるようにしているが、全開には出来ないようだ。銃身の周りには太い覆いがついている。
量産されなかった理由として、空気抵抗の増加による速度、運動性の低下が嫌われた、取り付け強度などが充分でなく、テストで充分な結果が出なかったことなどをあげている。また単にホ5の1門では火力として不十分だった可能性なども彗星野戦、零夜戦のエピソードを交えながら解説している。
 
【空夢 第41回 よみがえったAir Mail機】(清水郁郎)
レストアのためのオリジナルの図面を入手するためボーイング本社と交渉したが、飛行が前提のレストアに旧い図面を提供するのは法的に難しいとの事で断念。しかし60年代に個人に渡っていることがわかり、その人を探し出してボーイング40の図面800枚を入手した。
 
【第一次大戦獨墺陸軍戦利機の詳細(1)】(秋元實)
 受領した期待で以下のものについて解説あり。アルバトロスD.Va、ファルツD.II/D.IIa、ファルツD.XI、ファルツD.XII。
 
【一式陸攻戦記 第5話・大鑑巨砲主義は終わったか ジャワ沖とガスパール海峡の戦い】(佐藤暢彦)
 
 
【アラドAr196の検証1】(国江隆夫)
 
【小松救難隊創立50周年記念式典】
UH-60JとU-125Aのスペシャルマーキングだが、全体像のカットは無い。どちらも尾部の加賀獅子の部分はよくわかる。
 
【芦屋急難隊創立50周年記念式典】
こちらもスペシャルマーキングのUH-60JとU-125A。ASHIYAの文字をデザイン化したものが主。
 
【中島「彩雲」の発動機架覆見つかる】
 長野県の飯田市で彩雲の発動機架覆と思われる部品が発見された、というか彩雲の部品と判明したというべきか。終戦時に疎開していた工場が閉鎖され、その際においていかれたものらしい。点検窓のパネル部分はどはなくなっているが、全体として変形もなくしっかりしているように見える。持ち主は長年何の部品かわからなかったらしいが、「ヒコーキ雲」に投稿し、そのサイトの主催者が「零戦談話室」にも呼びかけて判明したとある。この写真だけでなんで機種までわかるんだろう。ちなみに持ち主はしかるべき場所に恒久的に貸与したいとのこと。
 
【第二次大戦ミニ航空史話 代101回 液冷ピストン・エンジンへの誤解】(田村俊夫)
 高高度迎撃には空冷エンジンは向かないとの説明がある書籍があるらしい。
 
技術戦としての第二次世界大戦 (PHP文庫)

技術戦としての第二次世界大戦 (PHP文庫)

  • 作者: 兵頭 二十八
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/11/01
  • メディア: 文庫
 
液冷エンジンはシリンダー周囲を冷却液が循環しているので冷却が確実、しかし空冷はあたりが悪い箇所、ホットスポットが出来るので全開に出来ないという説明らしい。
 
しかし、実際には液冷エンジンでも運用制限はある。
 
スピットファイアII A/B(RRマーリンXIIの場合
 最大出力:高度300mまで エンジン回転数3000rpm、ブースト圧12.5lb/sq.in
  戦闘非常出力: 5分間に制限、エンジン回転数3000rpm、冷却液温度135℃、ブースト圧12lb/sq.in
 最大連続上昇:制限1時間、エンジン回転数2850rpm、冷却液温度125℃、ブースト圧9lb/sq.in
  最大連続出力(巡航出力):エンジン回転数2650rpm、冷却液温度105℃、ブースト圧9lb/sq.in
 
メッサーシュミットBf 109F-4(DB 601E)の場合
  離陸および戦闘非常出力: エンジン回転数2700rpm、ブースト圧5.5lb/sq.in
  上昇および戦闘:制限30分間、エンジン回転数2500rpm、ブースト圧3.8lb/sq.in
 
マーリン基本型(1934年)、マーリンIII(1939年)、マーリン61(1942年)の高度に対する出力グラフあり。
高高度性能の維持は過給機の性能。
 
【BOOK REVIEW】
世界の駄っ作機6

世界の駄っ作機6

  • 作者: 岡部 ださく
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: 単行本
 
掲載された機数は本家世界の傑作機を越えたそうな。
 
陸軍重爆戦隊奮戦す―陸軍爆撃隊空戦記 (光人社NF文庫)

陸軍重爆戦隊奮戦す―陸軍爆撃隊空戦記 (光人社NF文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2012/01/31
  • メディア: 文庫
 
全5編。すべてが重爆ではなく、3篇は九七軽爆、九九軽爆など、らしい。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。