So-net無料ブログ作成
検索選択

航空ファン No.724 2013/4 [雑誌]

【米海兵隊の大統領専用ヘリ”マーリンワン”運行飛行隊 PRESIDENTIAL HELICOPTER SQUADRON HMX-1】
VH-3DとVH-60Nで7ページ。その後CH-46E、CH-53Eとかで2ページ。
 
【エアフォースワンとプレジデンシャルグッズ】
 
【VMR C-20G & C-9B Marine Gray Transport Jet】
 米海兵隊のジェット輸送機運用部門がある。使用機材はDC-9をベースにしたC-9B、ガルフストリームIVベースのC-20GとUC-35Dの3種類。
 
Blue Impulse Dawn of 2013】
空撮は無し。駐機中と隊員中心。
 
【北九州市誕生際でブルーインパルス展示飛行】(橋本篤司、田中雅之)
1ページのみ。
 
【RICHTHOFEN F-4Fs: The Final Year
JG71のF-4F。うーん、塗装が地味だ。写真は3機編隊とか。
ドイツ空軍のファントム導入はトーネードの配備が遅れたことによる暫定措置が発端。RF-104Gの後継として導入されたRF-4E(88機)が成功したことにより、1971年にF-4Fが175機が発注された。1986年に110機に対してICE(Improved Combat Effectiveness)化することがきまり、元のウエスチングハウスAN/APQ-120をレイセオンAN/APG-65に換装、LITEFデジタル火器管制コンピュータ、H-423レーザー慣性プラットフォームなどが導入された。これによりAMRAAMの運用能力、ルックダウン・シュート能力を得る。
 
【FLIGHT TEST FOR THE BUNDESWEHR】
マンヒング基地のWTD 61はドイツ国防軍の航空機テストを行う部隊。2機のF-4Fが配属されているがユーロファイターに今後置き換えられる。ユーロファイター、トーネード、F-4F、ティーガー、ユーロコプターなど。
 
【退役の近づいたドイツ空軍F-4Fに懐かしい迷彩が復活】
 1983年、1984年ころに使われたNorm72、80年代中期ころのNorm81など。1ページだけ。
 
【欧州見聞録】(須崎秀憲)
スイスで動態保存されているMirage III。4カット。
 
【ボーイング787に起きたトラブルと今進められている調査について】(青木謙知)
 
 
【自衛隊航空2013】(小野正春)
 
【航空自衛隊の早期警戒能力向上を考える:前編 E-2D アドバンストホークアイ】(石川潤一)
那覇基地には三沢からE-2Cが派遣されているが、整備基盤がないため稼働率が低いそうだ。
E-2Cは元々艦載機なので、主翼の折りたたみ機構を備えており、そのために外翼部に燃料タンクがない。E-2Dはオプションで外翼タンクがつけられるが、そもそも折りたたみをやめればより燃料タンクを大型化でき、通常6時間の滞空時間が倍に延びるとのこと。しかし、それだけ延びるとトイレが必要になるので、陸上運用で不要な機材を撤去したりしてスペースを確保することが検討されている。また艦上運用のために前方40G、垂直方向20Gに耐えることが必要とされている後部キャビンの座席も陸上運用を前提にすればよりスペースをとらないものに変更できる。
E-2CからE-2Dへの主な変更点はレーダー近代化、ミッション・コンピュータ更新、グラス/戦術コックピット、航法アビオニクス近代化、発電/配電能力向上、冷却系等改良、モジュラー式でプログラム可能な通信システム、新型インターコム、オープンアーキテクチャーとなっている。
 
【第52回 空夢 Iwo-Jima(後編)】(清水郁郎)
 #02747のOY-1は海兵隊VMO-5に配属されて硫黄島攻略の”Detachment”作戦に参加しており、敵味方識別装置ABKを装備していた。
 
【軍用機のRDT&Eと戦力化 第4回:国際共同開発と武器輸出規制】(井上孝司)
 
【絶対の安全性と信頼性を誇る米大統領空輸部隊】(松崎豊一)
エアフォースワンのコールサインが初めて使われた時期ははっきりしていないらしい。ここでは1953年、アイゼンハワーが乗ったVC-121Aのコールサインがエアフォース610で同じ空域を飛ぶイースタン610と混乱したことがきっかけという説を紹介している。
 
最初に大統領用として軍用機が用意されたのはルーズベルトが1933年に就任したときで、USAACのカーチスYC-30(複葉双発T-32コンドル)の2機と 海軍のダグラスRD-2が指定された。ただし、これらは実際には使われなかった。
 
初の海外プレジデンシャルフライトはパンアメリカンから乗員ごと徴用したボーイング314Aディキシー・クリッパー。
 
大統領が移動するときの専用機としてUSAACが初めて制式化したのはB-24Dの輸送機改造モデルC-87A "Guess Where II" で1943年に配備。 同年、C-54をベースにした大統領専用機とする”Project 51”が立ち上げられ、VC-54C-DOとして完成し、1944年に503A ABUに配備された。あだ名は当時の記者団がつけた"Sacred Cow"がそのまま公式になった。この機は1度だけ使用された。
 
戦後の初の専用機はダグラスのサンタモニカ工場で製作中のDC-6から作られたVC-118-DOで、1947年7月に"The Independence"としてデリバリーされた。 VC-118とVC-54Cの違いは全長が2.06m長く、エンジンはP&W R-2000(1350hp)からR-2800(2100)に強化、可変ピッチプロペラ、気象レーダー、オートパイロットが搭載されたほか、与圧キャビンとなっている。
 
1953年、アイゼンハワーは専用機としてVC-121Aを選定、Columbine IIと命名された。エンジンはR-3350(2500hp)で巡航速度は530km/h、航続距離は6000kmを越える。この後に続くのはVC-121E "ColumbineIII"で1954年11月にデリバリー。A型よりも5.5m全長がながく、R-3350-91)3500hp)ターボコンパウンドエンジンになり、巡航速度は570km/hに向上した。
 
ジェット時代に入った最初の機は1958年に発注されたボーイング707-153で、VC-137Aと命名された。配備されたのは1959年。しかし、1961年に就任したケネディはVC-137Aではなく、VC-118をエアフォースワンと指定した。
VC-137は707-353Bをベースに改修され、1962年に配属された。と同時に137Aはバックアップ機となり、エンジンをJ57からTF33ターボファンに換装、名前もVC-137Bとなった。そしておなじみのB.747-2G4Bはレーガン時代に1990年にデリバリーされた。
 
初の大統領移動用のヘリは1957年のベルH-13J。しかし、単発機のため信頼性に難ありとの事で1度だけしか使われなかった。その後、HUS-1をHUS-1Zに改造し配備。
 
【一式陸攻戦記 第16話 陸攻、戦いの果てに(最終回)】(佐藤暢彦)
緑十字の一式陸攻は1番機が一式陸上輸送機(G6M1-L)で横須賀航空隊が担当、2番機は一式陸上攻撃機11型(G4M1)は第3航空艦隊付属輸送機部隊・1081空が操縦。木更津を離陸して種子島付近でP-38、B-17と合流、伊江島に着陸。使節団はここからDC-4でマニラに向かった。帰路は2番機がタキシング中に米軍車両と衝突する事故を起こしたため、1番機だけで出発。木更津まで帰るつもりが潮岬付近で燃料が足りないことに気づき、天竜川河口の海岸線付近に富士着水した。使節団一向は陸軍の浜松飛行場へ行き、ここから四式重爆で調布に向かい、搭乗員らは横空から迎えに来た零式輸送機で横須賀に帰った。
 
一式陸攻の総生産機数は2416、終戦時に残っていたのは160機程度らしい。一式陸攻と九六陸攻が挙げた戦闘艦に対する明らかな撃沈戦果は戦艦2隻、巡洋艦1隻、駆逐艦が数隻のみ、らしい。
 
【メッサーシュミットBf110C~F型の検証6】(国江隆夫)
 緒元とかコクピットまわりとか。
 
【Road to China via Siberia】
ブライトリング・ジェットチームのシベリア経由の長期ツアーの模様。機材はアエロL-39Cアルバトロス。ページは多いんだけど、機体の全体が写っているのが少なくて残念。
 
【BOOK REVIEW】
飛ぶ力学

飛ぶ力学

  • 作者: 加藤 寛一郎
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: 単行本

 

 

 

加藤先生の講演原稿を書籍化したものらしく、平易な文でとっつきやすいらしい。

 

海鷲 ある零戦搭乗員の戦争

海鷲 ある零戦搭乗員の戦争

  • 作者: 梅林 義輝
  • 出版社/メーカー: 潮書房光人社
  • 発売日: 2013/01/09
  • メディア: 単行本

 

 

 

著者が平成17年に亡くなる直前に私家版として記されたものを書籍化したもの。

カラー図解でわかるジェットエンジンの科学 (サイエンス・アイ新書)

カラー図解でわかるジェットエンジンの科学 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 中村 寛治
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2013/01/18
  • メディア: 新書

 

 

 

著者はもとANAの航空機関士。レシプロからジェット、3発、4発と多発化した後、また双発が主流になった経緯なども解説されている。


航空ファン No.723 2013/3 [雑誌]

航空ファン 2013年 03月号 [雑誌]

航空ファン 2013年 03月号 [雑誌]

【BLACKSHEEP HERITAGE】
VMF-214の編成は1942年7月で、現在のVMA-214がその流れを汲む。最初の使用機材はF4U、その後F9Fパンサー、F2Hバンシー、FJ-4Bフューリー、A-4スカイホーク、AV-8Bと続いており、今後F-35に変わる予定。
海兵隊航空100周年、隊創設70周年記念として、F4U、A-4、AV-8Bの編隊飛行がアリゾナのユマで行われた。
3機が並んでもそれほどサイズに違いがないように見える。A-4はともかく、AV-8Bってそんなに小さかったか?空撮中心の7ページ。
 
【CVW-5のニューカマーHSM-77 SABERHAWKS】
 HSM-77のMH-60Rの空撮。5ページ。
 
【Task Force White Eagle アフガニスタンに展開したポーランドのMi-24とMi-17】
アフガニスタンには国連平和維持軍の一環としてポーランドから軍が派遣されており、"Task Force White Eagle"と呼ばれている。機材はMi-24WとMi-17。塗装はどちらもダークグリーンだが、排気の汚れで機体の後部はかなり煤けている。 6ページ。
 
【ポーランド空軍のMiG-29 Polish Smokers】
ポーランドにMiG-29が導入されたのは1989年から90年にかけて。MiG-29Aが9機とUBが3機の12機。その後元東ドイツ空軍の余剰機が追加される。2ページのみ。
 
【Attack on Polish Fitters x Ramex Delta】(州崎秀憲)
NATO DAYS 2012で行われたポーランド空軍のSu-22M-4Kの2機とフランス空軍Mirage 2000N2機(Ramex Delta)の対地攻撃デモの様子。 地上からの撮影でいずれもシャープ写真だけど、全体的にアンダーめなのはわざとか。
 
【Serbian & Knights 「セルビアの騎士」を名乗るMiG-29、MiG-21飛行隊】
2012年はセルビア空軍創設100周年、MiG-21運用50周年、MiG-29運用25周年らしい。MiG-29は1987年に16機が配備されたが、1991年のコソボ紛争で11機を損失。MiG-21は1962年から11種計261機を導入したが、2012年の時点で残っているのはMiG-21bis, MiG-21bisK, bisIなど。 いずれも2018年ころには退役するらしいが、後継は決まっていない。
 
【S-92, BELL412 & HU-1 ROYAL THAI AIR FORCE】(徳永克彦)
 
 
【AVIATION NATION NELLIS AFB 2012】(青木謙知)
2012年11月10,11日開催。F-22A、B-1B、F-86Fとか。2ページだけ。
 
【欧州見聞録】(州崎秀憲)
 
【パックスリバーで進められるF35B/Cの試験飛行】(前書き・翻訳 岡部いさく)
F-35の統合テストチームは軍民両方からスタッフが参加している。テストパイロットなどは米海軍、海兵隊、イギリス空軍、ロッキード・マーチン、BAEシステムズのメンバーが在籍。
F-35の最大後進対地速度は30ktとあるから結構なスピードだな。
ブロック1のソフトウェアは通信システム、センサーの基本機能はカバーするが、速度は亜音速に制限される。その他高度は40,000ft、最大Gも4.5G、最大迎え角は18度までしか出来ないらしい。ブロック2Aになると、多機能発達型データリンクやリンク16、整備データリンク、ミッション・ディブリーフリング・システムに対応。ブロック2Bは最初の実戦型で、空対空及び空対地ミッション機能が追加、整備機能も完全になる。また超音速飛行も可能で最大GもB型で5.5、C型で7.5、最大迎え角は50度までとなる。更にAIM-120や2000lb JDAM、GBU-12も対応する。最終はブロック3となる。
ハリアー系の機体ではSTOVLの操縦に何ヶ月もの訓練が必要らしいが、F-35Bではシミュレータで2回、実機で1、2回飛べばOKらしい。
 
【米軍と各国のF-35開発・配備計画】(石川潤一)
 
 
【ロシアの最新電子情報偵察機、日本近傍に飛来!】(藤田勝啓)
2012年の12月17日Tu-214をベースにしたTu-214R電子偵察機がスクランブルで上がった航空自衛隊によって撮影された。逆にTu-214R側からF-2AとF-15Jも撮影されており、その写真がネットに流れているらしい。見たことないけど。
Tu-214Rは前部胴体側面に大きな小判状の膨らみがあるが、これは側視レーダーらしい。また後部胴体の下面の大きなレドームは下方探査用レーダーと推測している。
 
【ロシア新鋭機情報 スホーイT-50(PAK FA) 試作4号機が進空】(藤田勝啓)
T-50の1号機の初飛行は2010年1月29日、2号機が2011年3月3日、3号機が同11月22日、で4号機は2012年12月12日となった。レーダーを搭載しているのは3号機以降。3号機の機首アンテナはN036-1-01、主翼前縁はN036L-1-01、機首側面がN036-1-01Lと-01Bと呼ぶらしい。で全体のシステムはSh-121という、とのこと。
キャノピーの上の縦のフレームは1、3号機にあって、2、4号機にない。
 
【空夢 第51回 Iwo-Jima(前編)】(清水郁郎)
 2012年のNeil A. Armstrong Aviation Heritage TrophyはDuncan Cameronという人のStinson OY-1。この機体は硫黄島で実戦に参加した機体。
 
【軍用機のRDT&Eと戦力化 第3回:開発体制。契約業務・各種の審査】(井上孝司)
 
【追補・個人としての航空戦史「沖縄行きを阻む声」】(渡辺洋二)
 芙蓉部隊は丙戦(夜間戦闘機)を使用することから夜戦隊と呼ばれていたが、本来夜戦隊とは夜間に進入してくる敵機を迎撃するのが任務らしい。そこで渡辺氏がドイツ空軍の夜間襲撃飛行隊からヒントを得て「彗星夜戦隊」を執筆するときに本文の中で夜襲隊という言葉を使ったとある。それがその後関係者に広まったようだ。
昭和20年の4月頃に沖縄方面への薄暮、夜間、黎明の作戦を進めている頃は芙蓉部隊の主力機は艦爆の彗星12型、夜間戦闘機型の12戊型、偵察用の二式艦偵12型であり、月光は既に生産中止になっていた。彗星はエンストをおこしやすかったとのコメントあり。また、芙蓉部隊では扱いの難しいアツタでも70~80%の稼働率を達成していたとも。
 
彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

彗星夜襲隊―特攻拒否の異色集団 (光人社NF文庫)

  • 作者: 渡辺 洋二
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫

 
【第一次大戦獨墺戦利機の行方】(田村俊夫)
 
【一式陸攻戦記 第15話 沖縄燃ゆ 陸攻最後の戦い】(佐藤暢彦)
 昭和20年3月21日、5航艦司令部は攻撃711飛行隊の18機の一式陸攻に桜花攻撃を命じる。しかし、援護戦闘機の不足などから全滅。3月31日にはK708の6機が黎明の桜花攻撃を試みるが、山に激突したり不時着するなどして戦果はゼロ。
4月12日、K708の陸攻9機が再び桜花攻撃を行う。鹿屋から1220に発進し、沖縄方面に向かい1445に敵艦隊を発見。距離18000mで三浦北太郎少尉が機長を務める陸攻から土肥三郎中尉が搭乗する桜花が発進、駆逐艦マンナート L. エーブルを轟沈させた。
陸攻の航空機雷敷設任務で使用された三式2号機雷の解説が少しあり。K2機雷と呼ばれていたらしいが、何故Kなのかは説明がない。K2機雷は外径360mm、全長1856mm、重量135kg、炸薬50kgで、必ず高度200m、速度160ノットで投下する必要があった。上陸用舟艇などを攻撃対象としていたもので威力はそれほど大きくない。
 
【メッサーシュミットBf110C~F型の検証5】(国江隆夫)
無線関係。
 
【クンサンABで実施された米韓大規模演習 MAX THUNDER 12-2】
10月26日から韓国のクンサン基地で行われた演習の様子。韓国空軍のF-16C/D、F-15Kなど。カラーページ。
 
【不定期連載 ヒコーキマニア的人間航空史・第4回 田中常雄さん】
 小学生の頃からレシプロエンジンの音で機種が分かったという方。全日本空輸で整備の仕事をされていたとのこと。
写真は旅客機が中心、軍用機はFJ-4、C-47Aなど。
 
 
【BOOK REVIEW】
ビジュアル・マスターファイル F-14トムキャット

ビジュアル・マスターファイル F-14トムキャット

  • 作者: 中野 耕志
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/12/01
  • メディア: 大型本

 

 

 

岡部いさく氏の「トムキャットの生涯」、二宮茂樹氏の各型解説などもあり。

F-16I

F-16I"スーファ”イスラエル空軍 (エアクラフトインディテールシリーズ)

  • 作者: アナン ウェイス
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 大型本

 

 

 

 

局地戦闘機雷電 2013年 01月号 [雑誌]

局地戦闘機雷電 2013年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 潮書房
  • 発売日: 2012/12/10
  • メディア: 雑誌

 

 

 

青木義博中尉の回顧録、現存する11型の計器版のカラー写真、野原氏のイラストなど。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。