So-net無料ブログ作成

焼酎 角玉 [焼酎]

これまで何度も見かけていたのに、なぜか今まで飲む機会が無かった。原料は小金千貫で黒麹。香りが強く、飲んだ後に軽く甘みが残るような感じがする。芋焼酎が飲みたいときに安心して飲めると思う。醸造元は鹿児島の「佐多宗二商店」。南九州市頴娃町だから、薩摩半島の先の方。ウェブを見ると角玉は「スーパーレギュラーブランド」らしい。「晴耕雨読」も有名だな。こちらも飲んだこと無いけど。ブログには写真もいっぱいあってなかなか楽しい。

3227152


貴匠蔵 [焼酎]

「きしょうぐら」は本坊酒造が醸造元。酒屋で見かけたときに「福山雅治が愛飲している焼酎」みたいなことが書いてあったので、ものは試しにと買ってしまった。Webで調べてみると、テレビの番組の中で福山雅治が企画、製作したものが元になっているらしい。原料は黄金千貫で麹は黒麹。味、香りともに癖のない上品で非常にすっきりしたもの。芋焼酎を飲みなれない人やあの独特の香りが苦手な人には飲みやすいと思う。しかし、逆に芋焼酎の香りを楽しみたい向きには物足りないかも。

会社のWebを覗くと、焼酎以外にも、梅酒、ワイン、ウイスキー、ブランデーまで製造している。それも最近はじめたのではなく、かなり昔からやっているらしい。鹿児島の焼酎を作っている会社としては珍しい存在なんじゃないだろうか。

 最初ロックで飲んでいたが、少しでも薄まってくると香り、味が物足りなくなるので、冷蔵庫でよーく冷やしてストレートで頂きました。

3227153

 写真がなんか傾いている…


さつま 乙女 [焼酎]

おなじみの薩摩酒造が醸造元。原料に黄金千貫に白麹を使っていること自体は普通だと思うけど、なにやら酵母や蒸留法が工夫されているようで、ラベルに「風味馥郁」とあるように非常に香りがよい。最近のお気に入りなので常備したいくらいだが、近所の酒屋にはたまにしか入荷しない。通販でも結構入手できるみたいだし、同社のWebの商品リストにも載っているので、全国的にも一般的な商品のはずだけど。

「ロックがおすすめ」とのことで、おすすめ通りにいただきました。

2937058

2937059


村城 [焼酎]

前回の古秘に続いてこちらも「限定品」の文字に惹かれて買ってしまった「村城」。味のほうも古秘のようにさわやか系。香りも強くない。醸造元は熊本県上益城郡山都町の「山都酒造」というところ。商品自体は検索エンジンでいろいろヒットしてオンラインショップでも取り扱いがあるが、この会社のWeb自体はは見つからなかった。たぶん無いんだな。Google mapではきっちり出てきたが、場所は熊本のかなり山間の地区らしい。たぶんそんなに大きな蔵じゃないんでしょう。でも九州の焼酎は本当にいろんなところで造っているなぁ。

暑くなってきたので、ロックでおいしくいただきました。

2849981


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

古秘 [焼酎]

宮崎の雲海酒造の芋焼酎。お店のおじさんの「宮崎限定だけど、限られたところにしか卸してなくて空港でも手に入らないよ」というセールストークにのせられて購入。香り、味ともにさわやかすっきり系。ロック、お湯割りも試したがお店で試飲したときのようにビンごと冷やしてストレートで飲むのがおいしい。ヒヤッとした食感の後よい香りが残る感じ。

 2849979

醸造元のWebの商品情報にも載っている。そこの説明によると宮崎県産の黄金千貫を使って黒麹、カメ貯蔵で造っているらしい。この雲海酒造、いくつかの蔵に分かれて造っているらしくWebには5つの蔵と一つの貯ぞう蔵が紹介されている。瓶のラベル自体には「綾工場」とあるが、Webでは古秘の製造蔵は「高岡蔵」となっている。微妙に違うような。

 2849980


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南之方(みなんかた) [焼酎]

鹿児島限定との文字に引かれて購入。裏書に出来るだけ早めにお飲み下さい、との注意書きがあったのでなんとなく一升瓶は諦め、五号瓶にした。早く飲めというのは「無濾過」のためらしいが、詳しいことはよく分からない。「白波」が有名な枕崎市の薩摩酒造が醸造元。香り深く、味もどっしりした感じ。裏書きには先の注意書きと一緒に「芋焼酎を知り尽くした人に飲んで欲しい」みたいなコメントもあった気がする。焼酎を飲みつくしたわけではないが、非常に気に入った。

写真を撮るのを忘れてしまったので醸造元のWebを覗いてみたが、商品リストにはなかった。検索エンジンで探してみたら幾つかヒットした。鹿児島でしか買えないわけではなさそうだが、気軽に買えるように正式に全国で販売して欲しい。でも先の注意書きがあるから難しいのかな。


白露 芋 (ラベル無し) [焼酎]

 酒屋で焼酎にしては珍しい水色の瓶を見かけ、ラベルも貼られていないので不思議に思って手に取る。売り場には中身に自信があるのでラベルも貼っていないという説明があった(様な気がする)。ラベルは無いが、使用芋や収穫年が書かれたタグが巻きつけてあった。派手なラベルに金をかけるよりはよほどいい手かと思う。比較的安価であったこともあり購入。

作っているのは白露酒造ということらしい。検索エンジンで探すとたくさんヒットするので、比較的有名なところなんでしょう。しかし、ざっと見た感じではこのラベル無しの製品は見当たらなかった。

 肝心の味の方はクセのないすっきりした印象。お湯割り、ストレート、ロックで試してみて、どれもおいしくいただけたが、ロックが一番合うかも。芋焼酎としてはもう少し個性を主張する方が好みだが、これから暖かくなるとロックの機会が増えるので今後も見かけることがあればまた購入してみたい。でも今まで見かけなかったところをみると、一時的な入荷か。

265478626547872654788


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。