So-net無料ブログ作成
検索選択

窓使いの憂鬱とoutlook2007とyummyと [PC]

いかんともし難い理由によりWindows XPでMS-Office 2003の環境を使っていたが、この度やはりいかんともし難い理由によりWindows 7でMS-Office 2007を使わざるをえないことになった。

Office に関してはリボンとかいうインターフェースが非常に評判が悪いが、まぁ仕方がないので一応インストールしてみる。最初はやはり戸惑ったが、exel, wordはほぼ違和感なく使えそう。powerpointは逆に結構気に入った。

Windows 7は最初面白がってaeroを使っていたが、どうにも動作がもっさりするような感じがするので早々にoff。Core2のQuadの3GHzだから、遅くないと思うんだけど。メモリが2GBしかないのが効いているのかな。

さて基本動作は大体慣れたので、次は好みの操作感にするためのカスタマイズ。

まずWindows XPでは窓使いの憂鬱は無くてはならない存在だったが、Windows Vista以降では動作しないらしい。操作がemacsライクなキーバインドになればいいのでxkeymacsというもの試してみる。公式にはVistaまでしか対応していないが、Windows 7でも動作するという報告もあるようなので、取りあえず使ってみた。しばらくは快適に使っていたが、時々アプリケーションを巻き込んで落ちることがあり、どうも相性は良くないようなので使用中止。次に試したのはyamy。目的からしてmayuの代替なので機能的には問題ないはずだが、ver. 0.03ということでベータ版扱いなのかと思いこみ手を出さずにいたが仕方が無い。試してみると全く問題なし。mayuで使っていた設定ファイルなんかも使えるのでこのまま常用ツールにすることに決定。

次の問題はoutlook 2007での動作。outlookのメッセージ作成でもemacsキーバインドを使いたいのだが、以前のoutlook 2003で動作していた設定ではなぜか有効にならない。さんざん試行錯誤した揚句、default.mayuの以下の行を変更することで解決でけた。

  window    EditControl    /:(Edit|TEdit|RichEdit(20[AW])?)$/ : EmacsEdit

↓変更後

  window    EditControl    /:(Edit|TEdit|RichEdit(20[AW])?|_WwG)$/ : EmacsEdit 

最後はウィンドウのフォーカスをマウスポインタにフォローさせる設定。XPではTweak UIで簡単に設定出来た(x-mouse)が、Windows7では提供されていない。レジストリを変更すればよいらしいのだが、あまり直接編集でやりたくないなぁ、と思っていたらツールを作っていらっしゃる方がいました。早速これで設定変更行い、目的の動作を達成することが出来ました。

これで何とか新しい環境でも作業できそう。


win32/daonolとKNOPPIX [PC]

Windows XP HOME editionの入ったVAIO type F(VGN-FE51B/H)が立ち上がらなくなった。正確には立ち上がってWindowsロゴまでは表示されるが、その後真っ黒な画面にマウスカーソルが表示されると、それ以上先に進まない。ハードウェアの故障も疑ったが、PCの自己診断機能でもメモリ、HDDともに異常なし。セーフモードで起動したり、BIOSも初期化してみたが、効果なし。

 別のPCでgoogle先生に聞いてみると、どうやらWin32/daonolというウィルスに感染したらしい。10月くらいからかなり被害が広がっているらしく、あちこちで報告があるようだ。それにしてもmicrosoft updateはマメにやっていたし、第一自動更新にしていたはず。へんなメールも開いたことはないし、どこで拾ったのか。まぁ、どこかで感染したかはともかく、何とか復帰しないと。こんなこともあろうかとHDDをデータ用のDドライブとCドライブに分けていたので、Cドライブだけリカバリすることを考える。しかし、よくよく思い出すとMy Documentsの一部をそのままCドライブのDocuments and Settingsに残していた。 仕方が無いのでなにか復活させる方法がないかと検索してみると、このへんにいくつか対処方法が残っていた。

要は何らかの方法でレジストリを修復できれば取り合えず起動はできるらしい。その方法としては、

  1. 問題のレジストリのエントリーをピンポイントで修復する
  2. 適当な回復ポイントのレジストリファイルを書き戻す(Microsoft
1の方法を行うにはWindows Vistaの回復コンソールを使うか、WinPEとかBartsPEというものを使って起動し、reg loadなどのコマンドで行うらしい。しかしWindows Vistaのインストールディスクなんて持っていないし、WinPEなどが使えるかどうかもよくわからない。

2の方法も同様に何らかの方法で問題のPCのHDDにアクセスした後、System Volume Informationフォルダから適当な時期のレジストリポイントのファイルをコピーしてシステムのものと入れ替える。これはWindows XPのインストールディスクがあれば可能らしいが、VAIOのリカバリディスクではできそうにない。

ソニーのサポートに連絡すれば駆除用のCD-ROMを貸してくれるらしいが、連絡が面倒くさいしCD-ROMは返却も必要とのことで躊躇する。

 何かいい方法は、と探していると、KNOPPIXでレジストリを修復する方法を知る。ここには上の2の方法が紹介されている。それから、別のPCのレジストリをregieditで編集もできることもわかった。ということは、KNOPPIXで起動し元のPCのHDDからレジストリファイルを抜きだし、そのファイルを別のPCのregeditで編集してから戻せば比較的簡単に救えるのではなかろうか。

取り合えず手近にあったKNOPPIXのCDで立ち上げて元のWindwsのシステムにアクセスしてみたが、バージョンが古すぎて(3.8.1)NTFSのファイルは読むことができても書きこめないようだ。仕方がないので、最新版をダウンロードしてCD-Rに焼き、これからbootして同じ事を試みる。しあかし、今度はHDDにFile Managerからアクセスしようとするとパーティションマウントできないといわれる。terminalからmountコマンドで手動でマウントしようとしたところ、"Mount is denied  because NTFS is marked to be in use. ..."とエラーがでる。どうも強引に電源を切ったので、ディスクチェックに行くようなフラグが立っているらしい。エラーに続いて出ていた文を読むと、それを無視して強制的にマウントも出きるらしい。そこで -o forceのオプションをつけたところ無事に(?)マウントできた。

 次に問題のPCから問題のレジストリファイルをコピーする。最初Memory Stickを挿してみたがKnoppixがどうも認識していない、次にSDを使ってみるとこちらは認識できた。そこで元のCドライブからWindows\system32\config\softwareをSDカードにコピーし、それを別の正常なPCにコピーする。あとはこのsoftwareの中に書かれている問題のレジストリのエントリーを削除すればいいらしい。作業にはreg load, reg deleteなどのコマンドも使えるらしいが、typeミスが怖いのでやはりregeditで行うことに。regeditを立ち上げ、「ハイブのロード」により、先ほどコピーしたsoftwareというファイルをロードする。ファイルを指定すると「キー」名を聞いてくるが、これは単にロードする先を指定すればよいらしい。リンク元の例を参考に「temp_software」を指定する。

 次にレジストリの削除作業を行う。先のロード先の下にMicrosoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32というエントリがあるので、このなかの「midi9」というレジストリ値を削除した。この後「temp_software」を「ハイブのアンロード」でアンロードする。そして先ほどの逆の手続きで、編集した「software」を問題のあるPCの元の場所にコピー。もちろん編集する前のファイルも名前を変えてバックアップとして残しておく。

さてこれで、一応は立ち上がるはず…と再起動かけると、立ち上がりました。あとは問題のウィルスをワクチンソフトで駆除して終了。

 


Virtual Desk ManagerからVirtuaWinへ [PC]

WindowsXPを使っていて不満なものの一つが仮想デスクトップ機能がデフォルトで備わっていないこと。この手の機能を提供するソフトは有償、無償を含めて幾つかあるらしいが、マイクロソフト謹製ということでPowerToysのVirtual Desk Managerを長らく使っていた。しかし、このVirtual Desk Manager、デスクトップ切り替えを行っている最中に時々異常に時間がかかることがある。それに加えて、こちらも時々だがFirefoxが消えてしまうことがある。タスクバー上には残っていて、右クリックメニューから最大化すれば全画面表示されるが、元のサイズに戻すと見えなくなる。サイズ変更や移動を選択すると画面左上隅にカーソルが飛ぶので、どうも画面外にあるのかサイズが0になっているようだ。原因が分からないが、Firefoxを常用している身としては非常に不便。

 で、代わりの仮想デスクトップツールを探していたところVirtuaWinを見つける。試してみると動作は比較的軽いし、必要最低限の機能は揃っている。デスクトップを切り替えた時にデフォルトではデスクトップ画像が切り替えられなったが、switchdeskというモジュールを追加することによって実現できた。ただし、「画面のプロパティ」にある「デスクトップ」から指定する方法はよく判らず、画像をビューアで表示させておいてメニューから「デスクトップの背景に設定」を繰り返す必要があった。よく判らないのはマウスの4ボタンでデスクトップが次々と変わってしまうこと。ブラウザの「進む」動作にしたいのだが、どうにも解除する設定がわからない。

次に気になったというか、かゆいところはリモートデスクトップで使っているときのデスクトップ切り替え。普段はキーボードショートカットを設定しておくことで簡単に切り替えできるが、リモートからはタスクバーにあるアイコンを右クリックし、出てくるリストから選択することにになる。Virtual Desk Managerならタスクバー上に各デスクトップを示す番号のアイコンがあるので、ダイレクトに選べたがどうもそれに比べるとワンアクションかかってしまう。

何かいい手はないかとモジュールを探してみると、それらしいのはいくつかあったが、どれもイマイチ。その中で、VirtuaSamというものがあった。VirtuaSamは正確にはVirtuaWinのモジュールではなく、SamurizeというもののPlug-inらしい。このSamurizeはシステムモニターツールということらしいが、様々なPlug-inを追加することによって、カレンダーとか天気予報なんかもデスクトップに表示できるらしい。よって次はSamurizeの導入を検討することに。


lennyを新規にインストール [PC]

ひょんなことからDellのPrecision 360というPCが手に入った。5年くらい前の製品らしいが、Pen4 3.2GHz, Memory 1GBなので普通に使う分には十分なスペック。よって今Debian lennyを動かしているPen4 2.8GHz, Memory 768MBのPCの置き換えのためにLennyを一からインストールすることにした。まずはnetinst CDからbootとして基本のパッケージだけをインストール、ここからゴチャゴチャと手を入れることに。

【/etc/apt/source.list

contrib, non-freeを追加。www.debian-multimedia.orgも追加。www.debian-multimedia.orgからdebian-multimedia-keyring_2008.10.16_all.debをダウンロードしてdpkg -iで入れたらaptitude updateでリスト更新。

【リストの保存と再生】

dpkg --get-selectionsで古いマシンに入れているパッケージリストを保存、新しいマシンで dpkg --set-selectionsを実行した後、apt-get dselect-upgradeでパッケージが再現される。

【ntpの設定】 ntpdateパッケージを入れて、/etc/default/ntpdateを編集。NTPSERVERを指定して、NTPDATE_USE_NTP_CONFはNOに。で/etc/cron.daily/ntpdateを追加。中身はntpdate-debainを呼び出すだけ。

/usr/sibin/ntpdate-debian > /dev/null 2>&1

【Xの設定】 <NVIDIA quadro NVS 280 AGP>

とりあえずxorg関係のパッケージを入れて、startxと打つとデフォルト設定のままで一応Xが立ち上がった。ただし、解像度が800x600くらいになっている。 /etc/X11/xorg.confを書き直せばいいのは分かっているが、確かXFree86時代にxf86cfgとかXF86Setupとかの設定ツールを使ったような気がするのでそれらしいものを探す。検索エンジンにはxorgcfgとかxorgconfigといった名前が出てくるが、lennyのパッケージでは見つからない。なので安直にNVIDIA用として公開されていたxorg.confをコピーしてきた。

これで1600x1200とかが使えるようになったが、xorg.confのサンプルを探している途中でNVIDIA自身が出しているXのドライバがあることを知る。では、その導入の仕方は?とこれもgoogleで探してみると、どうも書いている人によってまったく違うアプローチがある模様。どうやらNVIDIAからdownload出来るスクリプトをそのまま使って入れてしまう方法と、debian用意されているパッケージを使う方法があるみたい。

  • Debianパッケージを使う場合
    •  nvidia-kernel-2.6.26-2-686, linux-headers-2.6.26-2-686, nvidia-kernel-source, nvidia-kenel-common, nvidia-glxパッケージを入れる
    • /usr/srcにおかれるnvidia-kernel-source.tar.bz2を展開
    • export KSRC=/usr/src/linux-headers-2.6.26-2-686; export=KVERS=2.6.26-2-686を設定
    • /usr/src/modules/nvidia-kernelでdebian/rules binary_modulesを実行してモジュールを作る
    • 出来たnvidia-kernel-2.6.26-2-686_173.14.09-5_i386.debをdpkgで入れる
    • xorg.confのDevice SectionのDriverを"nv"から"nvidia"へ変更
ところが、startxしてもfailしてしまう。ログをよく見ても原因がよく分からないので、パッケージの説明をもう一度よく見てみると、このビデオカードがサポートされているのはnvidia-glxでは無く、nvidia-glx-legacy-96xxの方らしい。これをaptitudeで入れると、nvidia-kernel-legacy-96xx-96.43.07とかのパッケージも一緒に入った。これで再度Xを立ち上げてみるとやはりダメ。ログを見るとカーネルとモジュールのバージョンがあってないっぽい。今使っているのは2.6.26-2だけど、このモジュールは2.6.26-1でビルドされているようだ。なぜ??仕方が無いので、カーネルの2.6.26-1で再起動すると、今度はXがちゃんと立ち上がりました。
  • NVIDIAのインストールスクリプトを使う場合
    • NVIDIAのダウンロードページからスクリプトをダウンロードする。IA32用はいくつかあるが、先の件で学習したので、legacy-96.43.11というやつを使う。
    • sh NVIDIA-Linux-x86-96.43.11-pkg1.runを実行
      • "No precompiled kernel interface was found"と言われてNVIDIAサイトからdownloadするかと聞かれるが、とりあえず”No"で無視
      • "The compiler used to compile the kernel (gcc 4.1) does not exactly match the current compiler (gcc4.3)"と警告がでるがとりあえず無視して続行。
    • 後はスクリプトが終わるまで続行

これで同じxorg.confでめでたく起動出来た。Debian的には前者が正しい方法なんだろうけど、カーネルを戻すのもなんとなくヤなので後者のまま運用することにする。

 次に折角デュアルモニター対応なのでセカンドモニター出力を試す。古いPCの方でMatrox G550でデュアル出力していたので、これを参考にMonitor, Device, Screenのセクションを2つずつ書いてServerLayoutのところでScreenを2つ指定してみたが、どうしてもセカンド側に画が出ない。またしても検索してみると、NVIDIAドライバではTwinViewというオプションが使えることが分かった。Deviceセクションに

Option "TwinView"
Option "MetaModes" "1600x1200, 1024x768"  ←Main, Sub Monitorの解像度指定
Option "TwinViewOrientation" "LeftOf"        ←Main, Subの配置指定(SubはMainの左)

だけで無事にデュアルの出力が出来るようになりました。ただ、Matroxのときは”2つの異なる画面”という認識らしいが、今回のNVIDIAで使った設定は"分割された一つのモニターのような扱いになっているっぽい。例えばxscreensaverを動かしたときMatroxではモニター別々のパターンが出てくるが、NVIDIAでは連続して、つまり2つのモニターにまたがって表示されるので。

【フォント】

IPAフォントを入れようとしたら、squeeze,sidにはIPAフォントのパッケージがあることが判明。何も考えずに.debを取ってきてdpkg -iしたらすぐに使えた。他にもパッケージにないTrueTypeフォントを入れたいが、既に昔やったことを忘れてしまった。ここを参考にやってみようとしたら、defoma-hintsというコマンドが使えなくなっていることを知る。自分で使う分には~/.fontsに放り込んでしまえばいいらしいが、一応システムとして入れたいのでここを参考に入れた。

【/dev/dvd】

mplayerでDVDを見ようとしたら/dev/dvdが無いことに気づく。dvd-deviceオプションで/dev/hdcを指定してもいいが、デバイスファイルを作ることに。debian的な正式な方法はよく分からなかったが、/etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rulesに次の一行を追加すればOKだった。

ENV{ID_CDROM}=="?*", ENV{ID_PATH}=="pci-0000:00:1f.1-ide-1:0", SYMLINK+="dvd", ENV{GENERATED}="1"

 これで大体完了。


仮想マシンを試す [PC]

時々インストールして試してみたいソフトウェアがあるが、日常使っているPCにインストールして動作が不安定になったり、レジストリを汚すのが何となく避けたい。古くなったどうでもいいPCで試すという手もあるが、場所もとるので手っ取り早く仮想マシンを導入してみることにする。仮想マシンはソフトウェアでハードウェアエミュレートするので速度的に不満がでそうかなと思っていたので今まで試していなかったが、まぁモノは試しに。

バーチャルマシンとして有名なのはvmware だが、vmware workstationは有料だし、無料のplayerダウンロードする際にいろいろと情報を入力しなければならないので躊躇していると、これ以外にもMicrosoftvirtual PCとかSunのvirtualBoxというものがあることを知る。これらの比較をしているサイトによるとお手軽に試すならvirtual PCで、パフォーマンスを気にするならvirtuaBoxがよさげ。

まずはvirtual PC(ver 6.0.156.0)を入れてみると、WindowsXPへのインストールはあっさり終了し、仮想マシンの作成、ゲストOS(WindowsXP)のインストールも簡単に終わった。ゲストOSを立ち上げて簡単な設定だけですぐにネットワークも使えるようになった。ただし、やっぱりゲストOSのインストールからやや動作がもっさりしている感はある。で、やっぱりパフォーマンスは悪いのかなーと思っていたが、「バーチャルマシン追加機能」のインストールを行うとかなりましになった。

このままVirtual PCでも使えそうだったが、パフォーマンス的に魅力なvirtualBoxも一応試してみることにする。Sunのダウンロードページ(ver. 2.2.2 r46594)から落とそうとすると、いくつか情報入力を求められたが何も入れなくてもダウンロードできた。こちらもインストール、仮想マシンの作成、ゲストOSの作成まではすんなり終わった。しかし、ゲストOSのネットワークの設定がよく分からない。「設定」の「ネットワーク」のアダプタのところに「割り当て」というのがあって、「NAT」、「Bridged Adaptor」、「内部ネットワーク」、「Host-only Adaptor」が選択できるが、マニュアルを読んでもイマイチわからん。とりあえず、NATはホストがGWなってNATをするものだろうからこれはパス、内部ネットワークもゲストOS側とホストの本当のネットワークを別にするものっぽいのでこれも除外、Host-onlyがよく分からなかったが、とりあえずBridged Adaptorを試してみる。ホスト側を固定IPにしているので、ゲストOSも内部ネットワークと同じセグメントのIPを固定で割り当ててみるとあっさりつながるようになった。なんだ、これでよかったのか。と喜んでいたのだが、いつの間にかホストから別のPCへRemote Desktopが出来なくなっているのに気づいた。逆向きはできるので、ネットワークがおかしいわけではないらしい。試しにPingを打ってみるとこれも通らなかった。もちろん逆向きはOK。悩みながらホスト側のネットワーク設定を見直していると、ネットワーク接続の中に「VirtualBox Host-Only Network」というものが出来ていた。もしやと思ってこれを無効にしてみると、案の定正常に戻りました。仕組みをよく理解しないで、とりあえずで適当に使っている報いだな。

 パフォーマンスはやはり若干virtual PCより速いような気がするが、正確に計測していないので単なる気のせいかも。いずれにしても触り始めた程度では気になるほどの差は無いと思う。どちらを使うかちょっと悩んだが、バージョンアップがそれなりに行われているのとパフォーマンスがやっぱり気になるのでしばらくvirtalBoxを使うことに決定。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。